NEW: 若手研究者の短期海外派遣助成:好熱性微生物のエネルギー代謝と酸化還元分野:応募受付中
   微生物学・生化学・生理学・生態学・進化学
研究発表,共同研究,研究技法習得等:1週間程度〜3ヵ月程度:30万円程度以内:随時応募受付
募集要項・応募フォームはこちら:pdf ファイル MS Word ファイル
代謝初期進化研究所基金(代表:松浦克美)

大学教育・高校教育・微生物研究の経験を活かして,学習と研究と人生観についての情報を提供します.

このページにお越しいただき,ありがとうございます.6つの分野で皆様にできるだけオリジナルな情報を提供します.また,講演・授業・セミナー・相談・メンタリングセッションもお引き受けします.こちらからお問い合わせ下さい

1.中房温泉での微生物研究:中房温泉の野外を流れる高温の温泉水中には,多様な化学合成および光合成微生物群集が発達しています.百瀬社長のご理解を得て,貴重な研究フィールドが保たれています.好熱性微生物の生理・生態・進化等の研究を一緒にできます.

2.大学院生や若手研究者の支援(微生物学・生命科学分野):研究の始め方,進め方,まとめ方などについて,相談に乗ったり,一緒に考えます.研究・進路・人間関係の悩み相談も受けます.微生物学以外の生物学分野の方も,歓迎します.若手研究室主催者(PI)も支援します.

3.高校教員(生物その他)の支援:新しい学習指導要領は,生徒主体の学習を目指し,生徒が「見いだして理解する」ことや「関連づけて理解する」ことが求められています.そのような新しい教育への教師の関わり方を,一緒に考えます.特に,質問と探求学習と課題研究を重視します.

4.高校生の学習や進路選択の支援:コンピュータ・インターネット・AI・ロボットが社会を大きく変えようとしており,人に期待される役割がこれまでと大きく変わってきています.そういう新時代の学習と進路選択を,支援します.特に,質問と探求学習と課題研究を重視します.

5.大学生物学教育や生物学を学ぶ学生の支援:33年勤めた東京都立大学・首都大学東京では,すべての授業を質疑応答・対話形式で行い,学生の主体的学習を促しました.ご希望があれば,授業の担当や学生の支援も行います.

6.アン・ランゲージ・スクール成増校校長のページ:日本語学校の校長として,留学生のための日本語教育の改善に,日本語教師と一緒に取り組んでいます.自分でも,資格をとって少し授業を受け持っています.「学習者のモチベーション上げる方法,下げる方法」を掲載しています.

私は,東京都立大学/首都大学東京で,33年間,微生物生理学研究室・細胞エネルギー研究室・環境微生物学研究室に所属し,教育・研究活動を進めました.この間,高大連携室/大学での学び発見室を開設し,生命科学科の英語課程創設に関わりました.また,東京都立大学附属高校長を務めた後,文部科学省の中央教育審議会理科専門部会や高等学校生物の学習指導要領改訂・スーパーサイエンスハイスクール (SSH) 事業にも協力し,経験を積みました.現在は,留学生のための日本語学校の校長の仕事(非常勤)をしながら,中房温泉と自宅と東工大で研究を続け,教育支援・講演・メンタリング活動もしています.

=====
都合があえば,いつでもおしゃべり
次のzoomURLをクリックして下さい.まずあなただけ入室できます.
https://us02web.zoom.us/j/8278066470?pwd=dGxXeHZZVXRPcENXQjVXeWNUNW9Udz09
入室情報が松浦にすぐ届きますので,都合がつけば松浦がパソコンかスマホで入室し,話せます.
=====
=====
「学習者主体の生物教育を考える交流会」 オンライン毎週開催中
日時:毎週木曜日 20:00〜21:00(途中出入り自由)
主催者:松浦克美 副主催者:佐野寛子
対象者:参加したい人(主に高校教員.高校生や大学生等も可)
費用等:無料,登録等不要
参加のルール:氏名・所属表示.原則常時ビデオ・マイクON
       (部屋や回線の状況によってはOFFで結構です)
進め方:参加者や主催者からの質問や経験紹介と議論
内容 :学習の目的,高校生物教育,主体的・自発的学習,探究,課題研究,評価方法等
Zoom入室情報(毎回同じです)
https://us02web.zoom.us/j/8278066470?pwd=dGxXeHZZVXRPcENXQjVXeWNUNW9Udz09
ミーティングID: 827 806 6470
パスコード: 362049
=====
MENU